日用品・キッチン用品

すべては、自然がつくりだす最高の色を出すために。

NOKORI-FUKU のこり福 ワインタオル

すべては、
自然がつくりだす
最高の色を出すために。

 

It’s all the product of nature
to bring out the best possible color.

 

NOKORI-FUKU のこり福 ワインタオル
NOKORI-FUKU Wine Towel
地場・伝統技術部門

 

袋谷タオル合資会社/ふくろやタオル
Fukuroya Towel &Co., Ltd.
 http://www.fukuroya-towel.com/
 http://nokori-fuku.jp

 

タオルの原料はコットン、つまり農産物。それも日々生産していると忘れがちになる。しかし国産タオルの二大生産地のひとつ泉州で、大正15年に創業した袋谷タオルでは、「自分たちの工業製品は農産物があるからこそできる」のだと強く意識。地元野菜で染めたタオルづくりからはじまり、役目を終えた自然素材からこれまでにない色をどうすれば抽出できるか格闘を続けてきた。そして誕生したのが、この色鮮やかな「NOKORI-FUKU のこり福 ワインタオル」。河内ワインの、醸造後の残った澱(おり)などが入った原液を染料として使用。一般的に深い色のタオルは色止め剤が入っており、それが吸水を阻害することがあるが、こちらは伝統の後晒をもちいて後から天然の特殊な染色をしているので、深みのある濃い染色にもかかわらず、高い吸水性を持つ。このワインの深い赤を忠実に再現するため、そしてよりソフトな風合いを実現するため、糸から新しく開発した。柔らかな無撚糸を80番単糸の細糸で毛羽落ちしないようにカバーリングすることで、ふっくらと弾力性のある優しい心地よさと耐久性を両立。ネーミングは「残りものには福がある」ということわざどおり、プレゼントした人に福が渡ってくよう願いをこめて。大切なあの人に贈る、そんなプレミアムギフトにふさわしい逸品だ。

 
Nokori-Fuku Wine Towel is a towel so radiant it looks like it’s on fire. The towel is dyed with liquid that is left over after the brewing process in the venerable Kawachi wine wineries. Maintaining an elasticity and tender sense of comfort, it is also incredibly light to hold. In order to faithfully reproduce the deep red pigment of wine, as well as to create a texture that is both softer and fuller, it everything down to the yarn is newly developed. Even though it has been dyed a deep color, by crimping the flexible, untwisted yarn so that it doesn’t fall off with the filament yarn of the 80th single yarn, we have been able to create highly-durable, premium-class towel.
 
 

2018年のヌーヴォーワインで染めたタオルと、染料のもととなった河内ワインをセットにし、クラウドファンディングでも人気を集めた


A towel dyed with 2018 nouveau wine combined with the Kawachi wine on which the dye is based, its crowd-funding is also gaining in popularity

その他の日用品・キッチン用品

“ママ鉄”からも支持を得る 玩具メーカーが着想したお箸

株式会社ダイワトーイ(八尾市)

プレミアムな温もりと肌触り シルクの潤いに包まれる贅沢

瀧芳株式会社(泉大津市)

進化する伝統工芸 昔から酒好きに愛された錫器に斬新なデザインを。

大阪錫器株式会社(大阪市)

伝統を破り、伝統を守った堺刃物の新しいカタチ。

八内刃物製作所(堺市)

食品添加物を 味方につけて 「時短除菌」。

株式会社かわかみ(大阪市)

伝統を次世代に届ける〝器〟。 ほんのり優しい気持ちをつなぐ。

木下らんま店(摂津市)

マーケットを意識しなければこのふきんはできなかった。

松尾捺染株式会社(東大阪市)

受け継ぐものと創り出すもの モダンな感性で、唯一無二の輝きを

切子ガラス工芸研究所 たくみ工房(大阪市)

南部鉄器の「剛」× ガラスの「美」を結合させた 強く、美しい鍋

阪和ホーロー株式会社(泉南市)

焼けたらすぐ食卓へ。 「つくる」と「たべる」が、ひとつに。

藤田金属株式会社(八尾市)

自分だけのフライパンが毎日の料理を美味しく、楽しく。

藤田金属株式会社(八尾市)

教科書通りの作り方では この柔らかさは出せません。

新興タオル株式会社(泉佐野市)

捨てれば「ゴミ」、分ければ「資源」。 再利用する社会へ。

株式会社秀英(東大阪市)

石鹸の可能性を最大限引き出した、手肌に優しい一滴。

木村石鹸工業株式会社(八尾市)

進化する泉州タオル。心地良さと機能性が調和した「2.5」の実力。

神藤タオル株式会社(泉佐野市)

食器だけじゃない。 地球の汚れまで落としてしまいました。

株式会社 アドバンス(東大阪市)

繊細な和菓子の美しさを際立たせる一本のおもてなし。

菊水産業株式会社(河内長野市)

バス用品の製作技術を活かした 新鮮すぎるおべんとう雑貨

株式会社シンカテック(東大阪市)

匠の技がつめ込まれたその姿に惚れ惚れ。

株式会社武林製作所(八尾市)

塗装職人が施す表情がくらしに笑顔を届ける。

双葉塗装株式会社(東大阪市)

テーブルを艶やかに彩る一輪の花のように。

株式会社ダイドー(河内長野市)