日用品・キッチン用品

蓋を開けた瞬間、思わず笑顔になる つくりたての美味しさを閉じ込めて。

大阪角丸弁当箱

蓋を開けた瞬間、思わず笑顔になる
つくりたての美味しさを閉じ込めて。

 

The moment you open the lunch box filled with freshly-made food
will bring you happiness and put a big smile on your face.

 

大阪角丸弁当箱
Osaka Wooden Lunch Box with Kerf-bent Corners

 

株式会社常吉
Tsunekichi Co., Ltd.

https://tsunekichi.net

https://tsunekichi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2454573&csid=0

 

サステナブルな製品に注目が集まる今、日本人が昔から使ってきた木の道具の良さが見直されている。たとえば弁当箱。「水の都」と呼ばれる大阪では、かつて多くの堀で木材が運ばれ、木材加工技術が進化し産業に発展した。江戸時代末期にはすでに土佐堀界隈で木箱屋を営んでいたといわれる初代・笹井常吉は、明治元年に「箱常」を創業し、曲物と指物の技術を融合させた技法「角丸(かどまる)」を考案した。
この大阪角丸弁当箱は、五代目・雅生氏が創業当時の原点に立ち返りつくったもの。大量生産で安価な木箱が多く流通する中、「丁寧な暮らしに寄り添う道具づくりがしたい」という思いから誕生した。厚板に溝を彫りお湯で温めて曲げる、角丸技法。より美しい弁当箱の形状をめざし、板の厚みは6mmに。溝の深さにもこだわり、精密切削加工機に特別仕様の刃物をつけて、0.01mm単位で調整した。素材は樹齢100年以上の良質な国産天然杉。それをあえて無塗装のまま弁当箱に使用することで、木がしっかりと調湿作用を発揮し、時間が経ってもごはんはふっくら。作りたてと変わらぬ美味しさと心安らぐ天然杉の香りが楽しめる。弁当箱の蓋は2種類あり、白木の「白刻(はっこく)」と表面を火で焙ることで防水防腐効果を高めた焼杉の「黒刻(こっこく)」から選ぶことができる。使えば使うほど木肌が鍛えられ、味わいが増す「おひつのようなお弁当箱」だ。

Utilizing its traditional woodworking techniques for box making since the Meiji era, Tsunekichi Co., Ltd. has created this beautiful lunch box. The box is made from high-quality Japanese natural cedar that is over 100 years old. As a material, wood can control the level of humidity. By using uncoated wood, this lunch box can keep rice fresh for several hours. This special lunch box provides not only delicious, freshly-made food but also the woody scent of natural cedar.

 

 

大切に扱うことで何十年も使うことができるのも魅力。使用後は洗剤を使用せずたわしで洗い、湿気がこもらないよう内側を外に向けて乾かす。ふだんのお手入れの説明書と紙ヤスリ、蜜蝋(みつろう)といったメンテナンスキットも同封されている。

 

その他の日用品・キッチン用品

焼けたらすぐ食卓へ。 「つくる」と「たべる」が、ひとつに。

藤田金属株式会社(八尾市)

食品添加物を 味方につけて 「時短除菌」。

株式会社かわかみ(大阪市)

無垢な綿素材の素晴らしさを引き出す真にオーガニックなものづくり革命。

株式会社スマイリーアース(泉佐野市)

南部鉄器の「剛」× ガラスの「美」を結合させた 強く、美しい鍋

阪和ホーロー株式会社(泉南市)

匠の技がつめ込まれたその姿に惚れ惚れ。

株式会社武林製作所(八尾市)

繊細な和菓子の美しさを際立たせる一本のおもてなし。

菊水産業株式会社(河内長野市)

“ママ鉄”からも支持を得る 玩具メーカーが着想したお箸

株式会社ダイワトーイ(八尾市)

伝統を次世代に届ける〝器〟。 ほんのり優しい気持ちをつなぐ。

木下らんま店(摂津市)

自分だけのフライパンが毎日の料理を美味しく、楽しく。

藤田金属株式会社(八尾市)

切って、そのまま食卓へ まな板になるお皿。

株式会社河邊商会(堺市)

クルマ好きなら欲しくなる、姿を見せたエンジンバルブの輝き。

日本精機株式会社(大阪市)

食器だけじゃない。 地球の汚れまで落としてしまいました。

株式会社 アドバンス(東大阪市)

切って、使って、洗って、 暮らしになじむ 和晒の新しいかたち。

株式会社武田晒工場(堺市)

さらっとしたハニカム織と優しいガーゼの組み合わせ、1枚でふたつの肌触り。

藤原織布有限会社(泉佐野市)

進化する伝統工芸 昔から酒好きに愛された錫器に斬新なデザインを。

大阪錫器株式会社(大阪市)

すべては、自然がつくりだす最高の色を出すために。

袋谷タオル合資会社(泉佐野市)

捨てれば「ゴミ」、分ければ「資源」。 再利用する社会へ。

株式会社秀英(東大阪市)

進化したエチケット®ブラシが毎日の身だしなみを整えてくれる。

日本シール株式会社(大阪市)

テーブルを艶やかに彩る一輪の花のように。

株式会社ダイドー(河内長野市)

バス用品の製作技術を活かした 新鮮すぎるおべんとう雑貨

株式会社シンカテック(東大阪市)

プレミアムな温もりと肌触り シルクの潤いに包まれる贅沢

瀧芳株式会社(泉大津市)

教科書通りの作り方では この柔らかさは出せません。

新興タオル株式会社(泉佐野市)

塗装職人が施す表情がくらしに笑顔を届ける。

双葉塗装株式会社(東大阪市)

使い捨てという価値観を変えてくれる、「育てる」ふきん。

ホトトギス株式会社(八尾市)

陶器のような上質感と機能性がアウトドアを超えて活躍。

阪和ホーロー株式会社(泉南市)

進化する泉州タオル。心地良さと機能性が調和した「2.5」の実力。

神藤タオル株式会社(泉佐野市)

人生における大切な瞬間を上質な酒器でたしなむ贅沢。

中川鉄工株式会社(大阪市)

石鹸の可能性を最大限引き出した、手肌に優しい一滴。

木村石鹸工業株式会社(八尾市)

ガラスのように繊細なのにけっして割れないゴムのグラス。

錦城護謨株式会社(八尾市)

受け継ぐものと創り出すもの モダンな感性で、唯一無二の輝きを

切子ガラス工芸研究所 たくみ工房(大阪市)

大切な着物を守ってきた伝統の技が精米したての美味しさを守る。

株式会社留河(岸和田市)

ウガンダと日本をつなぐ「綿」の絆。

株式会社スマイリーアース(泉佐野市)

マーケットを意識しなければこのふきんはできなかった。

松尾捺染株式会社(東大阪市)

自然の色をそのままに つくり手の想いを紡ぎ届ける。

袋谷タオル合資会社/ふくろやタオル(泉佐野市)

伝統を破り、伝統を守った堺刃物の新しいカタチ。

八内刃物製作所(堺市)

器にしたたる滴に涼感を感じる粋 錫が生み出す、ほのかな冷気と芳醇な香り。

大阪錫器株式会社(大阪市)