日用品・キッチン用品

進化する伝統工芸 昔から酒好きに愛された錫器に斬新なデザインを。

吉祥錫 タンブラー 中 朱・黒

進化する伝統工芸
昔から酒好きに愛された錫器に斬新なデザインを。

 

吉祥錫 タンブラー 中 朱・黒
Kissho Tin Tumbler Medium Vermillion Black
地場・伝統技術部門

 

大阪錫器株式会社
 http://www.osakasuzuki.co.jp/

 

お酒を愛する人たちをこよなく魅了してきた、錫(すず)の酒器。その魅力は一献傾ければ分かる。いつもの酒を品よく雑味のない、まろやかな風味に変える不思議な力。錫は熱を伝えやすく短時間で温められ、反対に冷たいものを入れると瞬時に器が冷えるという特徴を持っている。かつては金銀に並ぶ価値を持っていた錫を贅沢に用い、つくりだされている伝統的工芸品が「大阪浪華錫器」だ。「現代の名工」に選ばれた今井達昌さんを中心に伝統工芸士が5名在籍し、錫製品のみ製作する職人集団「大阪錫器」では、江戸時代から伝わる錫器の技術を継承する工房。人の手が使うものは人の手でつくる。その信念は変わらず、今も職人により一つひとつ昔ながらの製作方法で丹念につくり上げられている。それだけではない、こちらの商品の魅力は見て飾っておくだけの工芸品ではなく、用の美を追求し、時代に合わせた商品開発力にある。伝統工芸は止まったら終わりと、これまでもライフスタイルの変化に合わせた商品を次々と生み出してきた。今回の〈吉祥錫 タンブラー〉は、和をテーマに市松、唐草、麻の葉などおめでたい文様6種類をデザイン、それらは面ごとに並べられ、晴れの場をよりめでたいものに変えてくれる一品。全体の構成や手にした時のトータルバランスも考え抜かれている。技術はそのままに、目に美しく、指先に愉しく、口当たりも心地よい。五感を刺激する、そんなタンブラーで今宵の一杯を楽しみたい。

 
 

錫を贅沢に使い、丹精込めて磨きこむことによって美しくなめらかな飲み口に仕上げていく。こちらは彩色前の錫器を削る作業。口先にわざと角を立てて、文様の表現が際立つ仕上げも施されている。

その他の日用品・キッチン用品

石鹸の可能性を最大限引き出した、手肌に優しい一滴。

木村石鹸工業株式会社(八尾市)

すべては、自然がつくりだす最高の色を出すために。

袋谷タオル合資会社(泉佐野市)

匠の技がつめ込まれたその姿に惚れ惚れ。

株式会社武林製作所(八尾市)

焼けたらすぐ食卓へ。 「つくる」と「たべる」が、ひとつに。

藤田金属株式会社(八尾市)

食器だけじゃない。 地球の汚れまで落としてしまいました。

株式会社 アドバンス(東大阪市)

南部鉄器の「剛」× ガラスの「美」を結合させた 強く、美しい鍋

阪和ホーロー株式会社(泉南市)

教科書通りの作り方では この柔らかさは出せません。

新興タオル株式会社(泉佐野市)

マーケットを意識しなければこのふきんはできなかった。

松尾捺染株式会社(東大阪市)

伝統を破り、伝統を守った堺刃物の新しいカタチ。

八内刃物製作所(堺市)

自分だけのフライパンが毎日の料理を美味しく、楽しく。

藤田金属株式会社(八尾市)

バス用品の製作技術を活かした 新鮮すぎるおべんとう雑貨

株式会社シンカテック(東大阪市)

繊細な和菓子の美しさを際立たせる一本のおもてなし。

菊水産業株式会社(河内長野市)

受け継ぐものと創り出すもの モダンな感性で、唯一無二の輝きを

切子ガラス工芸研究所 たくみ工房(大阪市)

“ママ鉄”からも支持を得る 玩具メーカーが着想したお箸

株式会社ダイワトーイ(八尾市)

塗装職人が施す表情がくらしに笑顔を届ける。

双葉塗装株式会社(東大阪市)

捨てれば「ゴミ」、分ければ「資源」。 再利用する社会へ。

株式会社秀英(東大阪市)

プレミアムな温もりと肌触り シルクの潤いに包まれる贅沢

瀧芳株式会社(泉大津市)

食品添加物を 味方につけて 「時短除菌」。

株式会社かわかみ(大阪市)

テーブルを艶やかに彩る一輪の花のように。

株式会社ダイドー(河内長野市)

進化する泉州タオル。心地良さと機能性が調和した「2.5」の実力。

神藤タオル株式会社(泉佐野市)

伝統を次世代に届ける〝器〟。 ほんのり優しい気持ちをつなぐ。

木下らんま店(摂津市)