玩具・ベビー用品

あったらいいなを形に。人にも環境にも優しいもみ殻由来のこだわりおもちゃ。

Poco a poco にじいろシリーズ

あったらいいなを形に。人にも環境にも優しいもみ殻由来のこだわりおもちゃ。

 

Embody something “nice-to-have”

These special toys

made from rice husks are

eco- and child-friendly

 

Poco a poco にじいろシリーズ

Poco a poco NIJIIRO series

ベストプロダクト

 

三優ライト工業株式会社

Sanyu Raito Co.,Ltd.

https://www.3yuraito.co.jp/

https://www.poco-a-poco.style/

 

まるで本のような見た目の白い箱を開くと、そこには可愛いパステルカラーのパーツが綺麗なグラデーションを描いて並んでいる。本製品はもみ殻由来のバイオプラスチック素材で作られた環境に優しいおもちゃ「Poco a poco にじいろシリーズ」。色とりどりのパーツを積んだり並べたりしながら想像力や空間認識能力を養うことができる知育玩具だ。製造したのは三優ライト工業。創業70年あまりのプラスチック成形品メーカーで、大手自転車パーツメーカーのサイクルパーツやヘルプマークの製造などを行う。社名の“三優”に掛けて〈環境に優しく、心に優しく寄り添う、優れた製品〉の3つの優をコンセプトに、「長年部品メーカーとして培ってきた高い技術力をもとに、自分たちだからこそできる製品を作りたい」という代表の松原竹志氏の熱い想いで、これまでの部品製造とは異なる本製品の開発に踏み切った。

目標としたのは、プラスチックメーカーならではの環境配慮型のものづくり。

素材の「もみ殻レジン」には、本来廃棄されてしまうもみ殻などが半分以上含まれており、プラスチックの使用量が従来の半分以下で済むため、環境に優しい。しかし、もみ殻は吸水により膨れやすかったり、加工時に焼けて黒くなったりと扱いが難しく、成形や着色には非常に高度な技術力を必要とする。そのような難しい加工を可能としたのは、同社が長年本業で培ってきた技術力と、経験豊富な技術者の存在だ。また、本製品には、使わなくなった後も色別に分けて粉砕することで再び新しいおもちゃに生まれ変わらせることができるという特徴も。

開発にあたっては「こんなものがあったらいいな」をたくさん拾い集め、使う人に寄り添った製品づくりを徹底。色を練りこんでいるので経年劣化による色落ちがなく、木製玩具と違ってアルコール消毒も可能なので衛生面も安心。子どもの安全に配慮し、飲み込まないサイズかつ全ての角に丸みを持たせた形状にし、食品衛生法に則った着色を行うなど玩具のST基準及びCEマーク基準の安全性試験も全てクリアしている。入れ物が本のようなデザインのため、お片付けの後は棚に飾っておしゃれに収納できるのも嬉しいポイント。

「私たちのおもちゃが、未来を担う⼦どもたちの一番そばで、環境への配慮やSDGsを知るきっかけとなってもらえたら」と松原氏。ブランド名の「Poco a poco」とは音楽用語で「少しずつ」という意味。世の中を少しずつ良い方向に変えていきたいという想いが込められている。このにじいろシリーズはこれからも〈Poco a poco(少しずつ)〉優しさの輪を広げていくだろう。

 

By using bioplastic materials derived from rice husks, which are normally disposed of, Sanyu Raito Co., Ltd. has made eco-friendly educational toys. To enhance the safety of these blocks, the company was particular about the details, such as the size, weight, design, and durability. Alcohol disinfectants can be applied to this product. The blocks are contained in a cute book-shaped box, so put the box on your bookshelf to decorate your room.    

 

 

遊び方のヒントが記されたインストラクションカードも用意。カードに描かれたシルエットと同じ形の作り方を考える問題や、ドミノのように並べて遊ぶ方法など、いろいろな角度から楽しんでもらえるよう様々な遊び方を紹介している。  
おもちゃが入れられている本型の木箱の内側には、整列のガイドとなるイラストが描かれている。これは代表の松原氏の育児経験から生まれた、片付けも子ども自身がゲーム感覚で楽しみ、率先して行えるようにするための工夫だ。

その他の玩具・ベビー用品

子どもの好奇心を意欲に変える 手のひらサイズの知育玩具

有限会社アイ・シー・アイデザイン研究所(守口市)

グニャリと曲がって 安心・安全。歯磨きも好きになる。

合資会社三和歯ブラシ工業所/株式会社DHL(八尾市)

ママのおなかの中にいるような感覚 ニットスリングがもたらす優しさ。

株式会社ティーレックス(大阪市)

「うんとこしょ。どっこいしょ。」物語を聞く、見る、触る。読み聞かせできる木のパズル。

CRAFT BIRD WOOD(河内長野市)

紙に命を吹き込め。紙の温もりを活かしながら、立体表現の限界に挑戦。

株式会社ウラノ(大阪市)

紙と加工技術で新しい文化を生みだす。それが印刷業の矜持。

株式会社ウラノ(大阪市)

洗うほど柔らかく。 デリケートな肌への思いやりをかたちに。

株式会社武田晒工場(堺市)

ママの想いを商品化し、 働きやすい環境から発信

株式会社ルカコ(豊中市)

自然素材のナチュラルな玩具が柔らかい子どもの感性を育む。

株式会社ノチダ(八尾市)

生きているような躍動感と精巧さ。紙に命を吹き込む。

株式会社ウラノ (大阪市)

積み木×ビー玉=遊び方は無限大。端材から想像力をかき立てる玩具へ。

大徳木管工業株式会社(東大阪市)

色とテーマから紡ぐ懐かしい思い出が社会問題解決の一翼を担う。

株式会社明成孝橋美術(大阪市)